ヨーグルトの簡単レシピでR1ヨーグルトを作る!おすすめヨーグルトメーカーはこれ。

乳酸菌で免疫力アップの強い味方のヨーグルトといえば、こちらお馴染みのR1ヨーグルト。

インフルエンザが猛威をふるっているこの季節にぴったりの食べ物ですね!

そんな体にいい物なら毎日でも積極的に取りたいけれど、家族みんなの分を買うと結構なお値段になってしまうんですよね。

それならば、ヨーグルトメーカーで家で安く作ってみよう!

しかも今回のレシピは本当に簡単で失敗なしで、とても美味しいヨーグルトができるんです。

ということで今日のときめききは、おすすめのヨーグルトメーカーと、R1ヨーグルトの簡単な作り方をご紹介します!


R1ヨーグルトは買うと結構高い!

この時期になるとスーパーなどで、赤いパッケージのたくさんのヨーグルトが並んでいるのを目にしたことがあると思います。

免疫力アップに効果があるなら毎日でも食べたいのですが、R1ヨーグルトは結構お値段が高いんです。

例えば食べるタイプのヨーグルトでも、1個買うとだいたいスーパーで税込130円もします。

例えば四人家族の場合だと1日あたり

130円 × 4人 =520円

毎日一人がひとつずつ食べるとして、1週間は7日間だから

520 × 7 =3640円!!!

これを1か月続けると約4週間として

3640 × 4 =14560円!!!!

体にいいのなら毎日食べたいけれど、このお値段は正直高いなぁ。

でもR1ヨーグルト食べたい!(わかったよ)

絶対に食べたい!(落ち着け)

ならヨーグルトメーカーで安く作ってみよう!(よし!)

おすすめのヨーグルトメーカーはTANIKA

おすすめのヨーグルトメーカーはこちら!

「TANICAのヨーグルトメーカー」です。

ヨーグルトメーカーであれば、どこの製品も機能的にそんなに変わらないと思いますが、こちらのおすすめポイントは、この形です。

牛乳パックをそのまま利用して作るタイプのものもあると思いますが、それだと食べる時に下の方のヨーグルトが出しずらいという難点があります。

その点タニカのものは、口が広くなっているのでだしずらいということがありませんのでオススメです!冷蔵庫にいれてもそんなに場所は取りません。

では作る際の気を付けるポイントをみながら実際に作り方をご紹介したいと思います!

ヨーグルトを作るときに必要な物

用意するもの

・ヨーグルトメーカー(今回はタニカのヨーグルトメーカー)

・明治牛乳1パック(どのメーカーでもOK、ただし低温殺菌牛乳はだめ)

・ドリンクタイプのR1ヨーグルト1本

・砂糖 30グラム

ヨーグルトの作り方

1.手を綺麗に洗って、雑菌が入らないように、容器をレンジで煮沸消毒する。

・容器に50ccほど水を入れ、その中に付属のヨーグルトスプーンを立て、さらにうち蓋をのせて、電子レンジで600Wで1分半加熱する。この時スプーンの間に隙間ができるがこれで大丈夫。

注意)電子レンジによって、加熱時間は異なります。
完全にうち蓋をしめた状態で加熱しないこと。
スプーンは付属品を使すること。

2.容器が熱くなっているのでやけどなどに注意しながら、容器をとりだしてかるく水滴をきる。水滴は完全にとらなくてよい。

3.パックの牛乳をすべて容器にいれて、そのまま電子レンジで3分ほど温める。(温めることで砂糖を溶けやすくして発酵がスムーズに。
今回は900mlだったので、すべていれました。)


4.温めた牛乳に砂糖30グラムを入れて、スプーンでよく混ぜて溶かす。

(ほのかな甘みをつけるためと、砂糖が乳酸菌のえさになり、発酵の助けになるため)

5.さらにドリングタイプのR1ヨーグルトをすべて入れてよくかきまぜる。

6.うち蓋をして、さらに外蓋をしっかりとしたら、ヨーグルトメーカーの本体にセットして(43℃ 7時間)で発酵開始。

7.7時間後にアラームを自分の携帯などにセットして、発酵がおわればすぐにそのまま冷蔵庫で一晩ひやす。

作る際に気を付けるポイント!

1.牛乳のメーカーはお好みのものでよいが、おいしそうだからといって、低温殺菌牛乳などを選ぶと固まらないので、必ず高温殺菌牛乳を選ぶこと。

2.手洗いや煮沸消毒はきちんとすること。面倒でもここはしっかりと行い、安全でおいしいヨーグルトをつくろう。

3.牛乳を冷蔵庫から出したばかりだと冷えていて、ヨーグルトを発酵させるまでに時間がかかってしまうので、あらかじめ電子レンジであたためておくことで、発酵がスムーズになりおいしいヨーグルトができる。砂糖も溶けやすくなる。

・砂糖をいれるのは味をつけるためだけではなく、乳酸菌発酵の手助けになるものなので必ずいれよう

・7時間の発酵が終わった後は速やかに冷蔵庫にいれて冷やそう。間違ってもそのまま放置しないように気を付けよう。

色々注意事項を書きましたが、実際やってみると作業は10分もあればすべておわりますので、お子様にもお手伝いしてもらっておいしいヨーグルトを作ってくださいね。

実際のヨーグルトの出来ばえと食べた感想

では一晩冷蔵庫で冷やしたヨーグルトを実際に食べてみましょう!

見た目は買ってきたR1ヨーグルトとほとんど変わりません。

では実際のお味のほうはどうでしょうか??

まずはそのまま一口たべてみます。


「ほのかな甘みがあり、舌触りはとってもまろやか!!すっとお口の中に入ってくる上品な味!!」

そのままでもとっても美味しくいただけますが、今回は大好きなはちみつをかけてみます。

主人や子供達にも食べてもらい感想を聞いてみました!

「おいしい!買ってきたR1ヨーグルトとにてるね!」

やったーーー!!大・成・功!!!!

まとめ

実際のR1ヨーグルトは酸味が少なく、舌触りがとても滑らかで、ほんのりとちょうどよい甘みがありいくらでもたべられてしまうとてもおいしいヨーグルトです。

今回家で作ってみた素直な感想としては、触感、味、舌触りも本物にかなり近いです。やったーーーー!!

だいたい1回作ると、家族四人で2日分くらいの量ができます。ざっくりと費用を計算してみます。

牛乳1パック 170円 R1ドリンクタイプ 130円

170円 + 130円 =300円 (砂糖の費用はわずかなので除きます)

家族四人で食べて2日は持つので、1か月15回作るとして

300円 x 15回  =4500円

先ほど毎日R1ヨーグルトを家族4人で食べると1か月あたり 14560円でしたので

お家でヨーグルトをつくれば

14560円 - 4500円=10060円もお得になります!

ざっくり計算ですが、1か月あたり4500円。このくらいの値段なら続けられそうですよね!

【最後に】

たったの10分たらずで、ヨーグルトがとっても美味しくお安く、お手軽にできてしまいました!

これなら毎日続けられて、免疫力アップの助けになるそうです。インフルエンザなんかもう怖くない!!

とっても簡単なので、お子様にお手伝いしてもらってもいいと思いますよ。

明日から美味しいヨーグルトをぜひあなたも手作りしてみませんか?

今日もあなたの心にときめききを。すぎゆみでした。

こちらの記事もどうぞ。子供がインフルエンザに!気を付けるポイントなど

読んでくださりありがとうございました。お手数ですが応援していただけると励みになります!


ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。