スイミング子供はいつから習うのかおすすめ?水泳のメリットデメリットなど。

子どもにやらせたい習い事でやはり人気なのは男女問わずスイミングもかなり人気ですよね。

体力もつきそうだし、学校の授業で水泳の授業があることを考えると、ぜひ習わせたいと思われる親の気持ちはとてもよくわかります。

でもはじめるならいつくらいからがよいのかな、実際にどんなメリットやデメリットがあるのかなと色々と気になります。

今日のときめききでは実際にうちの子供がスイミングをいつからはじめて、どういった効果があったのか、または大変だったことなどをお伝えします。

スイミングを習うのはいつからがよいのか

始める年齢ですが、経験から言うと水になれるのが目的なら3歳くらいから、泳ぎの習得なら1から3年生くらい、またそれ以上でも遅すぎるということはないと思います。

要は本人の理解度とやる気と次第で、早くから始めても全く級が進まない子もいるし、遅くから始めてもあっという間に級は追いつく子もいるからです。

うちの子供の場合ですが、長女は年長の時から習い始めたんですね。

最初は水慣れから初めて、泳ぐというよりは楽しく遊びながら水になれるという感じでしたので、泳ぎはバタ足の練習くらいでしたが、水に慣れることはできたし、水への抵抗はなくなったと思います。

1年が経過しました。新1生になった時に、続けるかどうか迷ったのですが、学年が上がるとレッスンの開始時間が遅くなってしまいます。

それに長女はそれほど水泳が好きではなかったようで「やりたくない」という本人の意思と、さらにはそこのプールは自宅から遠かったということもあり、親の負担も結構大変になってきていたので、一旦は辞めることになりました。

そしてされに月日は流れ3年生になりました。その時に長女と近所の仲の良かった友達から「スイミングを習うので一緒にやらない?」と誘われました。

友達と一緒ならやりたいということだったので、再び3年生の春からスイミングを始めることになりました。

やる前に本人にやる気を確認したところ

「学校のプールで泳ぐときに、4つのレベルでチーム分けされてしまうから、少しでも上のレベルにいって泳ぎがうまくなりたい」という本人の強い意志がありました。

3年生というと水泳をはじめる年齢としては遅い方なので、小さな子供たちの中に大きなお姉さんが入っていて、ちょっとはたからみると笑ってしまうのですが、本人はいたってマイペースで気にする様子もなくレッスンを楽しんでいるようです。

もともと運動神経がいい方ではないので、トントンとはいきませんが、級があがるのは早いです。

例えば3年生から再びはじめた長女は、以前の泳ぎ方だとクロールの呼吸の際に、顔を横ではなく前にあげてしまう癖があって、何度横に顔をむけるんだよと言っても全くできなかったんです。

でもスイミングに入って先生の指導をうけると、3年生だと先生の指示の理解は早いので、おぼれていたような息づきが、きちんと横向きに顔をあげる正しい呼吸法をあっという間に習得することができました。これには本当に驚きました。

小さいうちに入れるメリットとしては、水に早くなれることができるということはあるが、級はなかなか進まない可能性が高い。高い水遊びになってしまうんですよね・・・

一方である程度年齢が上がってきてから入ると、先生の指導はしっかり理解できるので、級は早くあがれるけれど、中には小さい子の中に入って泳ぐのを恥ずかしがって嫌がる子もでてくるかもしれません。

こう考えるとある程度先生の言うことがはっきり理解できる年齢で、あまり遅すぎない年齢と考えて、やはり1年生くらいがベストなのかなぁと個人的には思います。

あとは子供のやる気次第ですね。それより早くても遅くても本人がプールにいきたい!とやる気が出た時に入れるのがベストではないでしょうか?

スイミングのメリット

プールにいって体を動かすことは全身運動になって、体力がつく。

水に対する抵抗がなくなるので、学校のプールを嫌がらなくなる。

クロールなどはやはり親がたまにプールで教えるのと、プロが毎週教えるとでは全然上達が違うので、プロに習う方がよい。

1時間でもしっかり泳ぐことですごくお腹がすくようで、たくさん食べるようになった。

プールのデメリット

場所にもよるけれど親の送迎の負担。特に下の子を連れている場合はさらに大変。

寒がりの子供だと、プールの水が冷たいのを嫌がる場合もある。

肌が弱い子などは塩素などで肌があれてしまう場合もある。

中には水いぼなどをうつされてしまう場合もある。

まとめ

スイミングは習えば水になれることができて、水を怖がらなくなるし、泳げるようになれば学校のプールの時にとても役立つ。

一旦泳ぎ方を習得してしまえば、大人になってからも趣味としてできるので、体力づくりなどに効果的。

水の中でしっかり体を動かすことで、体力や身体機能が強くなり、体が丈夫になって効率的に運動ができる。

水にはいって体を動かすことで全身運動をすることができ、カロリーを消費できてさらにはストレス解消になってすっきりする。

なんだか書いていたら体にいいことたくさんありそうですね。

すぎゆみも以前に市民プールに一時期ダイエットのために、通っていたんですがまたプールを始めたくなってきました。

ダイエット効果も高いし、体力もつくしいいことづくしですね。

子どもが習うのももちろんのこと、これを今読んでいるあなたもスイミングをはじめてみませんか?

今日もあなたのこころにときめききを。すぎゆみでした!


子供の将来をよくする親のあなたが今すぐできる簡単な方法とは

読んでくださりありがとうございました。お手数ですが応援していただけると励みになります!


ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。