子供の習い事はおすすめの選び方は?習い事をすることのメリットやデメリットとは。

「子供に何か習い事をさせたいけど、どうやって選べばいいの?」

新学期が始まると何か子供に習い事をとお考えの方も多くなるでしょう。

でも数ある習い事の中から、どうやって選んだらよいのか、またその習い事をすると子供にとってどんなメリットがあるのか、悩ましいところですよね。

ちなみに我が家の二人の子供たちはピアノ・スイミング・そろばんをやっています。

今日もときめききでは、習い事の選び方やメリットデメリットなどをあなたへお伝えしたいと思います!

習い事はいくつがベストなのか

うちでは3つの習い事をさせています。

実際最近では毎日のように習い事をしている子もいて、分刻みのスケジュールの場合もあるようです。

我が家の場合ですが、そろばんは週3回、スイミングとピアノはそれぞれ週1回通っています。

習い事がないのは、1週間のうちで火曜日と木曜日と日曜日だけという感じです。

子供の負担もさることながら、送迎などにかかる親の負担も相当なものになります。

なんといっても、週3回もあるそろばんの負担がかなり大きくて、子供も親もけっこう大変です。

しかも宿題も毎回だされるんですよね。(熱心なのはありがたいんですが、けっこう厳しい先生でして・・)

習い事の数は、できれば習い事は2つか多くても3つくらいまでがいいと感じています。

それ以上は子供の負担になる可能性があります。(今うちが結構苦労しているので・・・)

おすすめの習い事ランキング

出典:こどもおでかけ情報サイト「いこーよ」より引用

こちらのデータを見てみると、水泳・ピアノ・英語教室・塾などが上位にランキングされていますね。

ちなみにそろばんも少し下の方ですが、ランキングに入っています。

そろばんは昔からある習い事で、ちょっと古いイメージですが、最近結構見直されてきているという話もあります。

「公文かそろばんかどっちがいいか迷う」と言っているママ友もいました。

実際私の周りのママ友の子も、公文もやっている子もすごく多い印象です。

おすすめの選び方は、この中からお子様の興味のありそうなもので、できれば運動系の体を動かすものと勉強系の脳トレ系のものをバランスよく選ぶといいんじゃないかなと思います。

習い事をやるメリット

・習い事では学校の世界では学べない、新しい世界で色々なことを知ったり、経験を積むことができる。

・新たな学びは普段とは違う刺激をもたらし、脳が活性化させることができる。

・新しいことができるようになると、子供の中の新たな可能性を発見できたり、成長するいいきっかけになったり、その子の得意な個性をよりのばしていけるきっかけにもなる。

・スイミングや体操などの運動系では体力がついて体が丈夫になる。

・英語やピアノは、まだ発達段階にある耳など働きかけることで、絶対音感を身につけることができる。

習い事のデメリット

いいことばかりのようですが、一方でデメリットもあるのではと感じています。

・習い事をすることで、近所の友達と遊ぶ時間がとれなくて、遊びの中から学ぶという貴重な体験をする機会がへる。

・習い事で時間がとられてしまい、習い事から帰ってから宿題をしたりしていると寝る時間が遅くなり、睡眠不足になる。

・時には家で好きなことをしたり、のんびりと休んででぼーっとしたりしたりする時間は大切だと感じるが、そのための心と体を休める時間が少なくなる。

まとめ

習い事は親の思いだけではなく本人が楽しくやれるかということが大切だと思います。

特に新学期などはまだ学校の慣れない環境に必死です。そこへさらに習い事もつめこんでしまうと、子供の気持ちがいっぱいいっぱいになってしまうかもしれません。

もし習い事をはじめるときは、子供に気持ちのゆとりのある時で、ゆっくり相談しながら無理のないようにしてあげてください。

次回では子供たちがピアノ・スイミング・そろばんをすることのメリットデメリットもお伝えします。

今日もあなたのこころにときめききを。すぎゆみでした。

ピアノは何歳から習わせる?ヤマハ音楽教室か個人レッスンどっちがいいの?

読んでくださりありがとうございました。お手数ですが応援していただけると励みになります!


ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。