子供のインフルエンザの症状と対処法。病院にいくタイミングや食事メニューは?

世間ではインフルエンザ大流行中ですが、家は今のところ大丈夫!

しっかり食べてしっかり寝ているし、インフルエンザなんてへっちゃらよ!と高をくくっていたのですが、インフルエンザはある日突然、容赦なくうちの娘にも襲い掛かってきました。

突然の高熱に驚いてしまい、ぐったりする様子をみて不安にもなります。

今日「ときめきき」は子供がインフルエンザにかかってしまった時に、どのように対処したのか、気を付けるポイントなど、発症から完治までの流れを追いながらお伝えしたいと思います。

とある日の午後、私の携帯に娘の通う園から電話が、、、、、。

「Mちゃんが、38度の熱があります。すぐにお迎えお願いします。」

ひょえーーー!ついにうちにもきたか?!

慌ててお迎えにいくと、園長先生に付き添われ、ぐったりとしているの子供がとびこんできました。

朝は全然元気で、ご飯もしっかり食べ、給食も完食したそうです。(ここはさすが)

でも午後から体がだるいと言い、元気がない様子だったようでした。

園でもインフルエンザが流行っていたので、先生が念のためお熱を測ると・・・・(冒頭に戻る・・)

結局その後、かかりつけの小児科でインフルエンザ検査をされ、結果「インフルエンザA」との診断。

ついにうちの子供もインフルエンザになってしまいました。

初めての子供がいる方や、急にインフルエンザなどで重い症状がでれば初心者の母親なら誰でも不安になりますよね。

私も初めは同じでした。でもある程度場数を踏んできたので、近杯は落ち着いて対処することができたように思います。

初心者のママで子どもが急にインフルエンザにかかってしまい、不安を抱えていたり色々悩んでしまっている方もいるかもしれません。

インフルエンザの症状と対処法

インフルエンザはある日、突然発症します。

その日の子供はとても元気でした。

朝の朝食は完食したし、咳も鼻水も出ていなくて、熱ももちろんありません。

元気に幼稚園に登園したのですが、その日の午後2時頃、急に発熱して何の予兆もなく38度の高熱がでました。

それから家に帰って来るとすぐに床に倒れこんでしまいました。

驚いて声をかけると、目はうつろで、辛うじて返事はするもののかなりしんどそうな様子。

ここでただの風邪ではないな、と直感でわかりました。

普通の風邪ならば、たとえ熱が38度ちかくあったとしても、娘は意外と平気でなかなか寝ようとしない時もあったからです。

急いでパジャマに着替えさせて、お布団で寝かせると、そのまま倒れこむようにねこんでまいました。

病院に行くタイミングは?

その時点で午後の3時、夕方からの病院の診察は午後4時からです。

ここで今日中に病院にいくか、しばらくこのまま様子をみて、明日の朝一番にいくかで悩みました。

ここで以前、同じようにインフルエンザが流行っていた時期に、上の子どもが突然発熱して、夕方の忙しい時間に無理やり病院に連れて行ったことを思い出しました。

そこで当然インフルエンザの検査をするかと思いきや、その病院の先生は

「熱がでてからまだ数時間しかたってないね。今検査してインフルエンザだったとしても、陰性になる可能性があるから、明日またきてね。」

などと言われてしまい、そのままあえなく帰宅するはめに・・・・・

しんどそうな娘を抱えながら、忙しい時間、病院も激込みでさんざん待たされたあげくの果てに・・・

かなりのショックを覚えながら、しぶしぶ帰宅したことを思い出しました。

娘の様子は、顔は真っ赤で呼吸も荒く、しんどそうではあるけど、ぐっすり眠っていました。

なので少し心配はありましたが、このまま様子をみて明日の朝一に病院にいくことに決めました。

ここは判断に迷うところではあります。

高熱ですごく辛そうにしていたら、親も心配です。

場合によっては病院にすぐに連れて行った方がいいケースもあると思いますので、子供さんの様子をよくみて判断してください。

今回の娘の場合は、熱は高かったものの、ぐっすりとよく眠っていましたので、ここは無理に起こさない方がいいと判断して、一日家で様子をみることにしました。

翌日に熱が微熱に下がった

次の日の朝になりました。子供の顔を覗き込むとぐっすり眠っていましたが、いくらか呼吸も落ち着いているようにみえました。

早速熱を測ると39度近くあった熱も、37度台まで下がってすっかり元気な様子。

前日は何も食べられなかったのですが、おなかすいたーと言いながら起きてきて、少し安心しました。

しかし熱をはかると、37度台まで下がってはいたものの、微熱はまだありました。

幼稚園にお休みの連絡をいれて、念のため病院にいくと、やはり「インフルエンザA」の診断でした。

朝一番の病院は待たされることもなく、すんなりと診察してもらえ、待ち時間もなくスムーズでした。

今回の場合は一日家で様子をみましたが、次の日にはほとんど熱が下がっていたので結果オーライでした。

しかしあえてもう一度言いますが、あきらかに様子が違っていたり、ぐずって眠れないなど、急を要するケースもあるので、その時はすぐに病院にいくなどして、先生の指示を仰いでくださいね。

病気の時の食事は?

・野菜いりの柔らかうどん

・いちごなどのフルーツ

・ヨーグルトやアイスなどの口当たりのいいもの

(タミフルは少し苦いので、チョコのアイスは苦みをけすのによい)

・アクエリアスなどのスポーツドリンク(高熱時の水分補給)

・梅干しおかゆ

・緑茶

高熱時は固形物は全く受け付けず、アクエリアスを少しずつ飲んでいました。

熱が上がって辛そうな時は、無理に食べさせないほうがいいように思いました。

その後、熱がさがり食欲がありそうなときは、梅干し入りのおかゆや野菜を柔らかくにたうどんなどを少しずつたべました。

いちごやヨーグルトなどはわりと口当たりもいいので食べやすそうでした。

お薬のタミフルは少し苦みがあるようで、少し嫌がります。

お薬を頑張って飲んだ後はご褒美でチョコのアイスを少しあげました。

苦みのあるお薬を嫌がるかもしれませんが、頑張ってのんだら、アイスたべれるよ!と言ってなんとか飲ませることができました。

あとは緑茶でまめにうがいをさせました。

アクエリアスを飲ませた後に、緑茶飲むと口がさっぱりするようで喜んでのんでいました。

こうして、無事インフルエンザから回復し、数日で元気を取り戻してくれて一安心。

でもしばらく幼稚園はお休みなので、元気はあるけど園にはいけず、親は大変でした。。。

まとめ

・インフルエンザは気を付けていてもかかるときはかかるもの!

・もしインフルエンザにかかっても、慌てないで子供の様子をよく観察する。

・高熱の時は食べ物は受け付けず、無理に食べさせると吐いてしまうので、アクエリアスなどの水分を少しずつあげるとよい。

・熱がでてすぐだとインフルエンザの検査をしても陰性と判断させてしまい、ある程度時間を経過しないと正確な判断ができない場合がある。

・子供の様子をよく観察して、あきらかに様子がおかしい時や、ぐずりがひどく眠れないなどの場合は、急を要する病気の場合も考えられるのでその際はすぐに病院に連れていく。

・その後熱が下がって、食欲が少しでてきたら、おかゆやうどんやヨーグルトなど食べやすそうなものからたべさせる。

・インフルエンザは熱が下がっても、しばらくは幼稚園、学校はやすまなければならず、登園登校の際には病院で治癒証明書が必要です。

最後に

インフルエンザは何も特別な病気ではありません。

気を付けていても、かかるときはかかるもの!

子供が突然高熱でぐったりしている姿をみるのは、親として大変辛いですが、落ち着いて冷静に対応するようにしましょう。

今日もあなたの心にときめききを。すぎゆみでした!

子供が入院した時の修羅場を振り返ってみた←こちらの記事もぜひ!

読んでくださりありがとうございます!お手数ですが応援していただけると励みになります! ↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。