学習机はいつ買う?購入のタイミングとダイニングテーブルでの勉強について。

学習机っていつから必要で、またどのタイミングで買うのがベストなのでしょうか?

すぎゆみも上の子供が一年生になった時に、周りのママ友の何人かが学習机を買ったという話をきいて「学習机って買った方がいいのかな?本当にすぐに必要なのかな?」とかなり迷いました。

迷った末にしばらく買わずに様子をみて、本当に本人が欲しがって必要になった時に購入しようと思いすぐには買いませんでした。

それから3年ほどたち3年生になった時点で、本人が希望したので、つい最近やっと購入に至りました。

今日のときめききは学習机の購入のベストタイミングと、ダイニングテーブルで勉強することについてお伝えしたいと思います!

学習机を買うベストなタイミングとは

学習机を買うタイミングはずばり一人で勉強がだいたい完結してできる年齢になってからがベストです

親がみていなくても、自分で自ら進んでやることができ、鉛筆の持ち方、感じの書き順や、宿題などを、自分一人でやれるようになる年齢です。

ではその年齢とはいったい何歳くらいなのでしょうか?個人差もあるとは思いますが、家の子供を見ていて、だいたい親がみていなくてもある程度自分でだいたいやれるなぁと感じるのは小学校3年生前後くらいでしょうか?

やはりそれまでは、親が横について、鉛筆の持ち方や字の書き順や、椅子に座る姿勢、宿題のチェックなどをしっかり見る必要があると思います。

なのでまだ親がつきっきりの時には学習机はそれほど必要ではなく、むしろ広いダイニングテーブルもしくはリビングに勉強机コーナーなどを作って、そこで一緒に勉強を見てあげる。

よく長女の友達が何人かたまにうちに来て、一緒に宿題をみてあげることがあるのですが、鉛筆の正しい持ち方ができていない子が多くて驚かされます。

おそらく最初に鉛筆を握るときに、親がついて注意深くチェックするということをしていないために、子供がやりやすい間違ったやり方でそのまま覚えてしまっているようです。

今は年長の次女もドリルなどをやらせているのですが、ちょっと気を抜くと書き順がめちゃくちゃで、右から左へ横線を書いてみたり、たまにひどい鉛筆の持ち方をしていたりするんです。

やはり最初のうちに親がしっかりとみてあげて、その辺をきちんと教えてあげると字がきちんと綺麗に書けるようになります。また正しい書き順で字を書いたりということができるので、後々本人がすごく楽です。

鉛筆が正しくもてないということは、筆圧が強すぎて長時間の勉強で不利になったり、字がなかなか上達ませんのでなるので、長い目でみるとかなり損だなと感じます。

忙しいママは大変だとは思いますが、できるだけ最初の特に1・2年生のうちだけはしっかりと一緒に横にすわって、勉強全般を見てあげてほしいなと思います。

3年生の終わりに学習机を購入した理由

だんだん大きくなって、ある程度勉強の習慣がついてくるようになると、もう親がいちいちみていなくても、勝手に勉強を自分の好きなタイミングでやるようになってきます。

その頃には自我が芽生えてきて、親にみられるのをたまに嫌がりだすようになります。

「自分一人でちゃんとできるんだから、いちいちママがみなくても大丈夫!」

というような主張もでてきたり、誰にも見られない自分だけの空間で本を読んだり漫画を描いたり自分だけの世界が欲しくなってくる年頃なんですね。

ちなみに今ですが、私の隣で長女がずっと漫画を集中して書き続けています。なんどかチラ見しながら気配だけは感じつつも口は出しません。

そろそろ1時間がたとうとしているので、宿題をやるように雷を落とさないといけないのですが・・・

やはり3年生にもなると親の目がなくてもしっかりと自分のことはできるようになり、自分だけの世界ができてくるので、もしも子供が「自分だけの机が欲しい」といったら、その時が買い時なのです。

ちなみにうちでは、リビングの片隅に90センチサイズの机を2つ壁に向かって並べました。

長女に机を買ったときに、下の次女も絶対に欲しがると思ったので、一応二つ同時に購入しました。

でもやはり次女は私が横にいないと一人ではなかなか勉強しようとしないので、相変わらず勉強はリビングテーブルでやっており、次女の机は只今私のパソコンデスクとして絶賛活躍中です。

早めに購入してもいい場合

ダイニングテーブルで勉強することのデメリットとしては、ダイニングテーブルで勉強をしていると、なかなかご飯の準備ができないということがあります。

宿題がなかなかおわらないと、机の上が片付かないので、ご飯を作ってならべることができません。

もしリビングに学習机を置くスペースがあって、その横で勉強を一緒にみれるならば、早めにリビングに小さめの学習机買って置くというのはありだと思います。

ちなみに我が家では90センチ幅の小さめのデスクを買いましたが、勉強するには十分な広さです。

もし置くスペースがなくて、2階の子供部屋にしかおけないわーということでしたら、きっとその机はただの物置になる可能性が高いでしょう。

1生のうちから2階の親の目の届かないところで、一人で勉強をしろといってもなかなか難しいと思うので、とりあえず教科書置き場が欲しいという方は別ですが、そうでない場合は「慎重に検討をすべきです。

まとめ

学習机の購入はじっくりと検討してから購入しましょう。

焦る必要はないので、本当に子供にとって必要な時期をよく見極め、その時がきてからでも決して遅くはありません。

周りに流されずにいつが購入にベストなタイミングなのかよく考えるべきです。

そうでないとただの大きな物置の荷物置き場になってしまう可能性があります。

今日もあなたのこころにときめききを。すぎゆみでした!

読んでくださりありがとうございました。お手数ですが応援していただけると励みになります!


ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。